HOME > コラム > 手荒れの季節にうるおいハンドケアでうっとり満足の手肌美人へ

手荒れの季節にうるおいハンドケアでうっとり満足の手肌美人へ

 

■保湿効果を最大限に引き出すハンドクリームの塗り方について

最近は手洗いやアルコール消毒の頻度が増えたことで、手荒れに悩む方も増えてきています。
手肌は顔と同じかそれ以上に年齢が出るパーツなので、これまでより一層ケアに力を入れている人は多いのではないでしょうか。
そんなハンドケアに欠かせないハンドクリームですが、実はもったいない塗り方のせいで効果を十分に感じられていない人が多いのです。
今回はハンドクリームの保湿効果を最大限に引き出す塗り方についてご紹介します。

ポイント①きれいに手を洗う
ハンドクリームを塗り始めるその前に、ハンドソープで手を清潔にする。
このひと手間を加えることで保湿効果をより高めることができます。


手肌の表面に付いている汚れや菌を洗い流して清潔な状態にしておくことで、保湿成分が浸透しやすくなります。
ハンドクリームの油分をはじいてしまわないように、手洗いのあとはしっかり水気を拭き取っておくことも大切です。
ゴシゴシこすらず、吸水性の高いタオルで優しく拭き取りましょう。

 

■正しい塗り方3つのタイミング

「夜寝る前」「刺激になることをする前」「乾燥が気になったとき」

ポイント②正しい塗り方
ハンドクリームは1日に3~5回程度塗るといいでしょう。
塗るタイミングは「夜寝る前」「刺激になることをする前」「乾燥が気になったとき」の3点を目安にしてください。
また、クリームのベタつきが嫌で、薄く少量だけつけていませんか?
KOTOSHINAのハンドクリームはベタっとした感じがあまりないので、付けてすぐ次の作業に移れます。
1回の適量は人差し指の指先から第一関節までが目安です。
量が少なすぎると、手全体にまで成分が行き渡らないばかりか、手肌をこすった際に生じる摩擦が増えて、手肌を傷める場合があります。
乾燥やゴワツキなどが気になる場合、量を第二関節まで増やすか、こまめに重ねづけするのが効果的です。

10月からはハンドケアにちょっと力を入れて、うっとり満足の手肌美人へ。

  • ハンドソープ グリーンティーの香り

     
    価格:¥3,080(税込)
    容量:200mL

 

  • ハンドクリーム グリーンティーの香り

     

    価格:¥3,080(税込)
    容量:40ml