• コトシナについて
  • オーガニック基準
  • キレイになる秘密
  • カテゴリ一覧
  • ギフトを贈ろう
  • よくある質問
  • メディア
  • 直営店のご案内

オーガニック認証基準について
オーガニック認証基準について

HOME > コトシナについて

日本の四季のように、変化に富む環境から生まれた京都発のスキンケアブランド

KOTOSHINAは、日本・京都発のオーガニックスキンケアブランドです。
京都宇治の有機緑茶園、オーガニック先進国フランスのオーガニックコスメ専門メーカーと提携し、
新しいオーガニックスキンケアラインを誕生させました。
KOTOSHINAとは、古都の品もの、古都の品格、ことがらをしなものに。という意味がこめられています。
四季のある国・日本の、京都に拠点をおくブランドとして、
日本の四季の温度変化や、湿気や乾燥等にデリケートに適応し、また、その変化を楽しむ提案の出来るものでありたいと考えています。
KOTOSHINAの製品は、その成分、生産工程について、フランスの有機認証機関QUALITE FRANCE(カリテフランス)に認証され、
COSMEBIO(コスメビオ)ラベルを取得した、正統なオーガニック化粧品です。
パッケージには、天然由来成分配合比率、有機農業由来成分配合比率が明記され、
イメージだけではない、裏付けされた確かな処方でお届けします。
KOTOSHINAのフェイスケア製品は、COSMEBIOのラベル基準より一歩進んだ、天然由来100%です。


厳格なオーガニック認証の基準をクリア

QUALITE FRANCE(カリテフランス)の有機認証・COSMEBIO(コスメビオ)ラベルを取得の場合

カリテフランス/コスメビオ
  • 最終製品(水を含む)の95%以上が天然又は天然に由来する原料を使用。
  • 植物原料のうち95%以上が、オーガニック(有機農業由来)原料である。
  • 製品の10%以上が、オーガニック(有機農業由来)原料である。
    (水、海藻、塩などはオーガニック認証に含まれないため、製品に占めるオーガニック原料は10%以上が規定)
  • 製品には、全成分表示を行い、オーガニック成分の含有量を記載している。
  • 原料に遺伝子操作物質、放射線照射物質、合成香料、合成色素、パラベンやフェノキシエタノールなどの合成保存料、石油化学物質(パラフィン、シリコン、PEG)等の禁止された化学物質を使用していない。
  • 自然のバランスの保持や、動物実験の禁止など、あらゆる製造過程において自然に配慮している。
  • 包装はリサイクル可能または生物分解可能なものを使用。
  • 合成着色料、合成香料を使用しない

使用されているオーガニック原料(カリテフランス、コスメビオ認証成分)

ヒマワリ種子油、パーム油、オレンジ果皮油、ゼラニウム油、パルマローザ油、ローズマリー油、ラバンデュラハイブリタ油、アロエベラ葉エキス、ラベンダー油、クスノキ樹皮油、ウワウルシ葉エキス、カンゾウ根エキス、パセリ種子油、ニンジン種子油、ヤグルマギク花水、ハチミツ、 ビターオレンジ葉/枝油、ダイズ油、ローズウッド木油、レモン油、カモミール油、ミモザエキス、ココヤシエキス、メリッサエキス、ハチミツ、赤ブドウの葉エキス、ブドウ種子油、ブルーベリー果実エキス、クロフサスグリ葉エキス、ローマカミツレ花油、ゴマ油、セサミオイル、ヒマシ油、グレープフルーツオイル、アルガンオイル

その他の有機認証機関により認証されたオーガニック原料

ヤシ油(有機JAS認定)、シア脂(BCS OKO-GARANTIE認定)