HOME > コラム > 肌に乾燥を感じたら、クレンジングを見直しましょう

肌に乾燥を感じたら、クレンジングを見直しましょう

肌に乾燥を感じたら、クレンジングを見直しましょう

朝晩の冷え込みに、冬の訪れが近いことを感じる季節になりました。
これからの季節は、外の空気が冷たく乾燥しやすいのはもちろん、屋内もエアコンなど暖房の影響で湿度が低くなりやすいです。
1日中乾燥した空気にさらされるこの時期は、肌にとって過酷な環境。
気づけば肌が乾燥して柔軟性が失われたり、目や口のまわりに乾燥小じわが現れたりすることも……。
さらに乾燥が進めば、かさつきや湿疹など肌荒れの症状にもつながります。
肌に乾燥を感じたとき、まず見直したいのが毎日の「クレンジング」です。

今回は、乾燥しがちなシーズンに改めて見直してみたいクレンジング方法についてお伝えします。

クレンジングの間違いが肌の乾燥を進行させる

メイクアップ化粧品には油性の成分が多く配合されているため、水や洗顔料だけではきちんと落とすことができません。
もしもメイクアップを落としきれず肌に残ってしまえば、肌の表面で酸化して、色素沈着をはじめさまざまな肌トラブルの原因になってしまいます。

メイクアップをきちんと落とすために大切なのが、クレンジングです。
クレンジングは水と油、そして界面活性剤によってメイクアップを浮かせて洗い流すので、しっかりと肌の汚れを落とすことができるのです。
毎日きちんとクレンジングして汚れを落とすことで、すこやかな肌を保つことにつながります。

しかし、クレンジングは一つ間違えれば肌の汚れだけではなく、肌にとって必要な水分や油分までも一緒に洗い流してしまいかねません。
誤ったクレンジングは、肌の乾燥を進行させる原因になるのです。

クレンジングで肌を乾燥させないためには、手早く行うことが大切です。
しっかり汚れを落としたいからと、必要以上に長時間かけてクレンジングすると肌がつっぱるなど乾燥を引き起こしやすくなります。

また、オイルタイプのクレンジングなど界面活性剤が多く含まれるクレンジングは、汚れを落としやすい反面、肌のうるおいも奪いやすいです。
乾燥しがちなこの時期は特に、ミルククレンジングなど肌への負担が少ないタイプのクレンジングを選ぶことをおすすめします。

うるおいを守りながらしっかり洗い上げるコトシナのクレンジング

京都発のオーガニックスキンケアブランド「KOTOSHINA(コトシナ)」のクレンジングミルクは、肌のうるおいを保ちながらメイクアップや汚れをしっかりと落とせるクレンジングです。

夏の疲れ肌のケアに最適、コトシナのクリームホワイト

    メーキャップの汚れをしっかり落としながら、柔らかくしっとりとした仕上がりに

  • クレンジングミルク \4,000(税抜)

フランスの天然スパウォーターと京都宇治のオーガニック緑茶成分や茶の実オイルなどの保湿成分を配合。
ヒマワリ種子油やヤシ油が配合されているので、肌のうるおいを守りながらやさしく洗いあげることができます。
洗い流すとぬるっとした感触は残らずメイキャップや肌の老廃物をしっかりと落としながら、しっとりとした洗いあがりが特徴です。

ヤシ油は固くなった角質を柔らかくし、古くなった角質を落としやすくしてくれるので、クレンジング後の肌はトーンアップします。
クレンジング後に使う化粧水などスキンケアアイテムの浸透が良くなるのもうれしいポイントですね。

バスタイムのボディケアには入浴剤が不可欠です

乾燥しやすい冬の肌のうるおいを保ちつつ、肌の汚れはしっかり落とせるコトシナのクレンジングミルクをぜひお試しください。
使うほどに柔らかくなっていく肌をご実感いただけると思います。